FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東プレRealForce 変荷重バージョンを試打してみた(続)

昨日のつづきです。
東プレRealForceの評判である

・腱鞘炎が気にならなくなった
・疲れにくい


あたりの特長を、上手く伝えきれていないので、
追記してみます。





まず、キーボードを打鍵するということを、
他の状況に例えてみます。

足で打つというふうに例えてみると、
・足で床を強く踏みしめる
・そのためにまず足を床から上に持ち上げて
・床を踏みさげる

といった感じになります。
(まあ、普通の床は当然踏み下がらないので、
あくまでたとえですが)


何が言いたいかというと、
腱鞘炎になったりしないと
あまり意識しないのですが、

キーボードを打つということは、
指に衝撃をともなう(痛める)行為

だということです。





で、腱鞘炎は、
私の場合右手の小指が痛くなったわけですが、

先ほどの例えだと、
右足の小指だけが痛くなっている
という状況です。



たとえば、
階段を一段ぬかしで降りるくらいの強さで
床を踏みしめないと、
床を踏み下げられない(キーボードを打てない)
と仮定すると、

右足小指への衝撃が
痛くてたまらないわけです。




そこで変荷重バージョンなのですが、

左足は
階段を一段ぬかしで降りるくらいの強さのまま、

右足は
階段を一段ぬかしじゃない、
普通に階段下りる強さで踏み下げられる
というイメージです。

しかも強く踏み下げるというよりは、
床に足を置いたらそのまま勝手に
踏み下げられる感じ。



腱鞘炎に苦しんでいる方には、
おすすめです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なっと

Author:なっと
仕事や家庭でPCを使うときの時短ワザを、あれこれ考えています。
キーボード活用・かな入力・単語登録・マクロが大好きです。
試行錯誤の過程・結果をご紹介します。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。