FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作配列の変更には、データの計測と少しの勇気が必要3

前回に続き、
タイプウェルのデータ測定機能は便利だけど、
ちょっと不満があるという件です。


具体的にはカナ別成績。
五十音別に、
平均打鍵速度が出たり
ミス数が出たりするので
配列試行錯誤に大変参考になるのですが、



濁音と清音、拗音の区別がされない


蛇配列では、
濁音シフト、
拗音シフト、
拗音+二重母音シフト、
が用意されているので、

一般的なJISかな入力と違って、

「し」
「じ」
「しょ」
「しょう」
「じょ」
「じょう」

これら全部で「D」を打つわけじゃないんです。


「し」・・・D + K (同時押し)
「じ」・・・D + I (同時押し)
「しょ」・・・K C
「しょう」・・L C
「じょ」・・・D C
「じょう」・・・S C

こんな感じ。
むしろCのほうが多い。



なので、
前置シフト含め、
定義ファイルに定義されている単位で
成績出してくれないかな。。。


「し」・・・0.424秒
「じ」・・・0.467秒
「しょ」・・・0.345秒
「しょう」・・0.333秒
「じょ」・・・0.455秒
「じょう」・・・0.333秒




こんなふうに出るとすごくうれしいんですが。
作者様いかがでございましょう。




定義ファイルによって、
出力するかな数が可変になってしまうので、
表示調整が大変かもしれませんが、

何ならテキストファイルに
データを吐き出すだけでも嬉しいのですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なっと

Author:なっと
仕事や家庭でPCを使うときの時短ワザを、あれこれ考えています。
キーボード活用・かな入力・単語登録・マクロが大好きです。
試行錯誤の過程・結果をご紹介します。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。