FC2ブログ

記事一覧

旧JISかな入力の改造 7章.シフトに割り当てた「かな」の入力を楽にしたい

目次


1. シフトに割り当てた「かな」の入力を楽にしたい
2. 片手アルペジオに変更
3. 「ど」「じ」の割り当ても追加
4. 今回の改造後


1. シフトキーに割り当てた「かな」の入力を楽にしたい



中指シフト、薬指シフトを採用している配列の
共通の課題ですが、
もともとS,D,K,Lに割り当てられていた
「かな」の入力には手間がかかってしまいます。


「旧JISかな」では、「と」「し」「の」「り」です。

「と」「し」「の」は、なかなかの高頻出文字です。
これらを「SS」「DD」「LL」「KK」と
連打で打つようにしていますが、

シフトキーに割り当てる前は単打で打てていたものが
二打になってしまうのは、さすがに面倒なのです。



ということで、対策を考えてみました。



2. 片手アルペジオに変更



先人の知恵を拝借して
自分のやりやすいものを試行錯誤してみたところ、

片手アルペジオといわれる、
隣り合うキーを滑らかに入力するやり方

いちばんよさそうだと思い、

以下のように変えてみました。


と=DS、し=SD、の=LK、り=KL


2タイプすること自体は変わらないのですが、
DDが2タイプとすると、
DSは1.3タイプ位の時間で打てるような印象です。

慣れれば1.1くらいにならないかな。



3. 「ど」「じ」の割り当ても追加



また、4シフトキーを採用していることで、
まだまだキー割り当てには空きがたくさんありますので、

S@=ど、じ=D@
もついでに定義してみました。
DS@=ど、じ=SD@ にくらべると、
1タイプが削減できます。

これらもなかなかの頻度で登場しますので、
ちょっとうれしいです。



4. 今回の改造後



こんな感じになりました。
赤字が変更部分です。

し=Dを連打←廃止
の=Kを連打←廃止
と=Sを連打←廃止
り=Lを連打←廃止

【今回の改造後】
〔単打〕

〔★シフト(異手)〕
















〔★シフト(同手)〕







〔☆シフト(異手)〕



















〔☆シフト(同手)〕










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント