FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧JISかな入力の改造 9章.50音の登場頻度でキー配置を微調整

目次


1. 悩みが多いけれど、とても楽しい
2. なかなか楽しい趣味なんじゃないか
3. 貴重なデータが公開されている


1. 悩みが多いけれど、とても楽しい



ここからが、
悩みが多いけれど、とても楽しいところです。

一旦は、旧JISかな入力のデメリット
・右手外野が遠い
・拗音の入力が面倒
・SHIFTキーがつらい

をクリアしているのですが、

さらに効率的かつ、
自分自身が楽になる配列を、
自分自身が試行錯誤して
作り上げていくことができるのです。



2. なかなか楽しい趣味なんじゃないか



レジストリをいじるので、
当然ながら自己責任ではあるのですが、
Windowsの標準機能だけを使って、
キー配列・配置を自由に入れ替えられる
のは快感です。

「う」は「F」の位置がいいな、とか、
いややっぱり「R」の位置にしようかな、とか、
簡単に入れ替えられますからね。

ひとつ入れ替えるくらいなら、
慣れたら1分かからないくらいです。


こんなに手軽に、お金もかからず、
なかなか楽しい趣味なんじゃないかな?
という気さえしてきます。



3. 貴重なデータが公開されている



そして、これまた楽しい悩みを後押しする
貴重なデータがたくさん公開されています。

①日本語文章中に登場する五十音の頻度
②同じく、2文字の連なりでの頻度
③同じく、3文字の連なりでの頻度

などなどです。


①では、「い」「う」「ん」が圧倒的に多いとか、
②では「ます」とかがおおいとか、
③では「います」とかがおおいとか、

こうした定量的なデータを見ながら
キー配置を調整して行ける
時代、
なんと幸せな時代なんでしょう。


早速次回からやっていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なっと

Author:なっと
仕事や家庭でPCを使うときの時短ワザを、あれこれ考えています。
キーボード活用・かな入力・単語登録・マクロが大好きです。
試行錯誤の過程・結果をご紹介します。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。