FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧JISかな入力の改造 10章.「う」を近くに持ってきたい

目次


1. 「う」を近くに持ってきたい
2. 「す」と入れ替えてみる
3. 今回の改造後


1. 「う」を近くに持ってきたい



141Fさんの
10万字サンプルにおける文字の出現頻度
等、いくつかの集計データで、おおむね

「い」「う」「ん」がトップ3であること、
「゛」もそれらに引けを取らないこと、
「つ」より「っ」のほうが上位なこと、

などを知り、
自分のよく使う分野・用語に合わせて、
キー配置をカスタマイズさせていく楽しみに
はまっていくことになります。

もちろん、集計対象データの選別次第で
どの「かな」が上位に来るかは
大きく変わってくるはずではあるのですが、

楽しい。。。



2. 「す」と入れ替えてみる



まずは、
登場頻度トップ3にもかかわらず、
最上段の「4」に配置されている「う」です。
一方で、「す」は、
そこまで頻度高くないのに結構いい「R」の位置。
上下に隣接しているこの2つを
入れ替えてみます。



まあこれで、「う」は格段に楽になりました。
今では、かな入力歴も長くなってきたので、
「4」なんて楽勝に打てて、
全然問題ないじゃんっていう感じに
なってきているのですが、

当時はまだ「4」が難しかったんですよね。


ということで、「う」が打ちやすくなって、
「す」は遠くなったものの、「です」「ます」等、
文末の登場がそれなりに多くて、
一区切りついてもいいこともある「す」なので、

まあまあいい入れ替えだなと思っていました。


その後また、
変えたくなっているのですが、、、



3. 今回の改造後



赤字が変更点です。
シフト面も一緒に入れ替えています。

〔単打〕

〔★シフト(異手)〕
















〔★シフト(同手)〕







〔☆シフト(異手)〕



















〔☆シフト(同手)〕








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なっと

Author:なっと
仕事や家庭でPCを使うときの時短ワザを、あれこれ考えています。
キーボード活用・かな入力・単語登録・マクロが大好きです。
試行錯誤の過程・結果をご紹介します。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。