FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧JISかな入力の改造 13章.「っ」を単打側に持ってきたい

目次


1. 「っ」を単打側に持ってきたい
2. 「つ」と入れ替えてみる
3. 今回の改造後


1. 「っ」を単打側に持ってきたい



「っ」の登場頻度は、なかなか上位で、
「つ」よりも上位なのですが、


現時点でのキー配置では、

・「つ」は「Z」の単打の位置
・「っ」は「Z」のシフト側(DZ)

となっています。


標準の旧JISかな入力では、
拗音や促音などの、
いわゆる小さい文字は
ひとつも単打側に登場してきませんが、

こんなに登場する「っ」を
単打側に持ってこない理由は
ありません。




2. 「つ」と入れ替えてみる



ということで、
この2つを入れ替えてみました。


「っ」は、
「だった」
「あった」
「なった」
「なかった」

という過去形関連をはじめ、
安定して登場してきます。


やはり入れ替えてみていい感じです。



3. 今回の改造後



赤字が変更点です。
(前回までの図に、「っ」の定義が抜けてました)
〔単打〕

〔★シフト(異手)〕
















〔★シフト(同手)〕






〔☆シフト(異手)〕



















〔☆シフト(同手)〕








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なっと

Author:なっと
仕事や家庭でPCを使うときの時短ワザを、あれこれ考えています。
キーボード活用・かな入力・単語登録・マクロが大好きです。
試行錯誤の過程・結果をご紹介します。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。