記事一覧

旧JISかな入力の改造 38章.蛇配列Ver2の公開

Ver1からの変更点は、赤字部分です。・・・「I」の単打に割り当てていた「゛」を、シフト化しました。中指前置シフトは、花配列から月配列に受け継がれた画期的なアイデアですが、濁音、半濁音は後置シフトだったのが設計が一貫していないように感じていました。Ver2で、すべて前置シフトに統一しています。唯一(?)3打鍵だった、「ば」「ぢ」が2打鍵化しています。\(^o^)/〔単打〕小薬中人人人人中薬小小ぬふあるえぼぽゆよわ...

続きを読む

MS-IMEだけで「同時押し」を実現する方法

DvorakJなどのソフトウェアを使わなくても、MS-IMEだけで「同時押し」を実現する方法です。月配列2-263であれば、「D」と「K」の位置がシフトキーですが、これを例にします。「D」「K」=だ「K」「D」=だです。これで、「D」「K」を同時押しすると、「だ」が出力するよう定義できます。何のことはない、同時押しといっても微妙にどちらかが先に押されるので、どちらが先に押されてもいいように、両方定義しておけばいいのです。コ...

続きを読む

旧JISかな入力の改造 37章.蛇配列Ver1.0の振り返り(続々)

前回、前々回の振り返りが興味深かったのでもう少し。蛇配列Version1.0では、、旧JISかなとおなじ位置の文字→20コ違う位置の文字→17コ単打シフト側の違いはあるが同じ位置→19コかな入力にない定義を追加したもの→65コという結果になりました。黒と赤と青がほぼ同じくらいですね。黒と青なら、かな入力で覚えた労力を極力無駄にしていないと言えるでしょうから旧JISかな入力で定義されている2/3くらいは無駄にしない配列になってい...

続きを読む

旧JISかな入力の改造 34章.Ver1.0完成 \(^o^)/

あれこれいじってきましたが、一旦やり切った感じです。Version1.0としては、これで完成です充実感\(^o^)/かな入力の香りを残しつつも、それなりにいじりましたね。これからいじりたいのは以下二つですね。①高頻出表現の2打鍵化②高頻出かな文字の単打化①は、「です」「ます」とか「でした」「ました」「ので、」「との」「として」といった高頻出表現への対応です。メール1通打つだけでも私は必ず使います。もともとかな入力で「...

続きを読む

旧JISかな入力の改造 33章.「げ」を「K;」に設定する

目次1. 右手小指保護の第三弾2. 「げ」を「K;」に設定する3. 設定後1. 右手小指保護の第三弾最近は大分治ってきましたが、一時期は、右手小指が痛くて、かなりつらかったです。これへの対応の第三弾です。第一弾、第二弾により、もはや右手小指の守備範囲は「P」と「;」だけになっています。しかも「P」と「;」なら、薬指でも打てるので、痛みがひどいときは薬指で打って、回復状況を見ながら小指も併用するということが可能に...

続きを読む

プロフィール

なっと

Author:なっと
仕事や家庭でPCを使うときの時短ワザを、あれこれ考えています。
キーボード活用・かな入力・単語登録・マクロが大好きです。
試行錯誤の過程・結果をご紹介します。

最新コメント